映画『日本で一番悪い奴ら』ネタバレ感想と評価

Pocket

スポンサードリンク

こんにちは!フィルミナ(@filminaty666)です。

怖さを通り越して笑うしかなかった『凶悪』の白石和彌監督による、実話を基にした警察汚職モノ実録映画『日本で一番悪い奴ら』が面白かったのでレビューします。

予告編

『日本で一番悪い奴ら

2016/日本

監督白石和彌

キャスト:綾野剛/YOUNG DAIS/中村獅童/ピエール滝

感想と評価

めっちゃ面白かった!

「才能もコネもない主人公が

熱意と行動量で強引にのし上がり

ハメ外しぎてカタストロフに見舞われる

栄枯盛衰の青春一代記」

「上げて、落とす」

のシンプルな2幕モノで、ざっくり言うと『バリー・リンドン』型のお話です。

(以下、”リンドン型” で統一)

同じタイプで面白い映画、色々ありますね。

とりわけ『スカーフェイス』『ブレイキングバッド』『ドラッグストアカウボーイ』『レクイエムフォードリーム』など、ドラッグ商売を扱った作品が多い印象があります。

「てっぺん取った後は崩壊に向かってまっしぐら」

というテーマと親和性が高いのでしょう。

“リンドン型”の特徴を挙げますと、

束の間の成功を掴みかけるも、状況にほころびが生じ始める主人公。

焦燥感にアタフタするも、事態は悪化するばかり。

解決のため必死にもがけばもがくほど、頑張りは空回り

虚勢を張るしか打つ手がなく、次第にみんなから見捨てられる孤独感

「ガムシャラにやってきた俺の人生は何だったんだ…」

という悲哀、やるせなさを漂わせるビターなラスト。

などでしょうか。

「調子に乗っていた仲良し犯罪グループが最終的にもの別れ」

という結末も多いです。

そして。

それらの要素を最大限に活かすためにも、”リンドン型” 物語の主人公は徹頭徹尾バカ者であることが最も重要だと思っています

もしも『日本で一番悪い奴ら』の主人公が、同じく警官汚職モノの名作『L.Aコンフィデンシャル』のガイ・ピアースだったら、どうなっていたでしょうか?

まず頭が良いです。

経験から学び成長し、知恵を巡らし、生き馬の目を抜く警察組織でしたたかに出世を果たしたことでしょう。

しかし。

”リンドン型” の主人公は頭が良くてはなりません。

キアイと根性だけの強引なやり方を続けてきたため、精神的な成長はほぼゼロ

それに対して。。。

自分を取り囲む状況だけはどんどんエスカレート!規模も肥大化!

後戻りのできない立場にどんどん追い込まれていく。

「こんなこともあろうかと」など先読みと準備ができるわけもなく、”リンドン型”主人公は最終的にヤケを起こして自滅する。

「ポケモンで炎タイプのヒトカゲばかり育ててストーリーを進めるも、水タイプや土タイプの敵がバリバリ襲ってきて詰んだ」

みたいな体験、ありませんか?俺はある。

急転直下の転落劇に込められたペーソスを十分に味わうためにも、主人公が切れ者で、論理的な解決法を見出せる人物であっては困るのです。

奴らの気持ち、よく分かる。

その意味で、綾野剛さんの

「虚勢だけで猪突猛進し続ける愚者」

演技はツボでした。

なにせ40歳を超えてる設定なのに、悪態のつき方が「チ〇コ野郎!ウンコ!」ですからね。

「こいつ、何のためにこんなガムシャラに大暴れしてるんだ…??」

という、半ば怪獣を眺めるような疲労感『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の顛末を目撃する気持ちと近い。

物別れした犯罪グループの仲間から「あんたの居場所はここにない」と突き放されるシーンも印象的でした。

シナリオとして主人公が孤独になっていくだけでなく、

終盤で他の俳優たちがどんどん醒めた演技になるのに対して、

綾野剛くんだけが最後まで空回りのハイテンションの演技を続けるんですよ。

スポンサードリンク

そのため作品の中で浮いた存在になり、観てる方まで不安でいたたまれない気分になってくる。

この「主人公と周囲の熱のギャップ」も『スカーフェイス』的で良かった。

不安になる映画が好きなんですよ。

「大金を手に入れても使いどころが女遊びかクスリ以外に思いつかない」という「人間としての底の浅さ」を示す要素も良いなあ。

この設定はマーティン・スコセッシ監督の”リンドン型”映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』によく似てます。

僕、『ウルフ~』でディカプリオがジョナ・ヒルに勧められて初めてのヤクをキメるシーンが大好きなんです。

綾野剛もそれに肉薄する素晴らしいラリ演技を見せてました。あれすごい良かった。

そういえば『ウルフ~』と同じくジョナ・ヒルが出てる『ウォードッグス』も”リンドン型”のコンビ仲間割れ青春劇だったな。

また、”リンドン”型の映画は単体でも成立する各エピソードの面白さや、映像的なインパクトでいかに飽きさせないかが鍵だと思っています。

そのために「人物の人生で面白かった部分だけをピックアップして大胆に編集する」という『グッドフェローズ』的な方法を用いているのも効果的。

主に前半部。

↓いくつか好きな演出を挙げると↓

薄暗い室内に差し込む白い光。

その逆光でシルエットになったラシード(デニス植野)が、包丁を手にして綾野剛に向かい合う。

その修羅場を、引いた視点で傍観者的に観察するカメラ。

この冷徹な雰囲気、ミヒャエル・ハネケの『隠された記憶』某シーンのようで怖い!

あとみんなでカニを食べるシーン。

画面の手前で話す2人の奥で、他の2人が何やらノソノソやっているのが妙に気になります。

この感じもアルトマンの『ロング・グッドバイ』『ナッシュビル』的で好きです。

それから終盤、カタストロフを予兆させる退廃的なラブシーンの映像がブライアン・デ・パルマっぽくてザワザワしました。

青黒い光の中でぐにゃあ~~と斜めによじれ回転するカメラ。

その向こうで、ヤケクソの行為にふけっているシルエットの男女を長回しで捉える。

性の営みからエロチックさを排し、死の香りだけを漂わせる感覚は『脳内ニューヨーク』を思い出します。

あと中村獅童の車が立ち去るのを、カメラがゆっくり上昇しながら見送るカットの不吉さもたまりません。

「ああ~仲間がひとり物語から姿を消した。これから主人公どんどんピンチに陥って孤独になってくぞ」

という凶兆が、撮り方ひとつで暗示されるのが面白いです。

それから白石和弥節の「露悪的で身も蓋もない繋ぎ」が今作でも見られてテンション上がりました。

「首無しでもいいですか?」というセリフ後に、コーラのフタ=首をポンと抜く繋ぎ。あれ、イイですね~~。悪趣味で笑っちゃうんですよ。

『凶悪』で人間を焼却炉にぶち込んだ直後に、クリスマスパーティで焼きたての七面鳥を賑やかに振舞うリリー・フランキーに繋げるシーンと同じですね。

面会シーンで作品が終わるのも『凶悪』と共通してますが、これは『郵便配達はベルを二度鳴らす』とかが元なのかな。

俳優の演技では、TKO木下さんもイイ味出してました!

こういう「ちょっとしか出ないのにやたら強烈な印象を残して去る人物」が好きなんですよ。

通り魔キャラと呼んでるんですが、『摩天楼を夢見て』のアレック・ボールドウィンが特に好きな例です。

先述した『ウルフオブウォールストリート』のマシュー・マコノヒーも良かったな~。

『羊たちの沈黙』のレクター博士とかも存在感すごいけど、意外にも出演時間は短いのよね。

デニス植野さんも最高でした。

「密漁だよ!」「僕のイトコ、犯人にしたてる?」

などのセリフに爆笑します。

この「一般的な倫理観が全く通用しない上に、本人もそれが当たり前すぎて意識すらしてない感覚」が白石監督の描くエキセントリックな人物の特徴ですね。

崇高な理念やヒロイックさ皆無の、ひたすら卑俗な悪。

『クリーピー』の香川照之とか『冷たい熱帯魚』のでんでんとかもその枠で大好きです。

その演出だと結婚式のシーンが特に笑った!

主人公が犯罪者仲間に捧げるスピーチで、

「これからもチャカの密輸、頑張ろうな」

ってなぜかマジメに良いこと言ってる風で、聴いてる参加者も感動して泣いたりしてるこの倫理観の崩壊っぷり、ツッコミどころ満載で最高でした。

結婚式のシーンがあると

「このあと大変なことが起きるんじゃないか…??」

って思うのは『ディアハンター』『ゴッドファーザー』の刷り込みかもしれません。

最近見た『潜入者』も結婚式カタストロフシーンが素晴らしかった。

おわりに

リアリズムを追求した実録モノとしても、露悪的なブラックコメディとしても面白く、とても楽しめました。

オススメ!

Twitterもやっています。

映画/アート/本の話題が多め。

是非フォローしてみて下さい!

フィルミナ:@filminaty666

スポンサードリンク
Pocket

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.