『いのちの食べ方』がドイツで作られた意義

Pocket

スポンサードリンク

『いのちの食べ方

(原題:Unser täglich Brot)

ドイツ・オーストリア/2005

トコトコトコ…

銀色に光る房の中に連れてこられたのは、まるまる太った大きな牛。

とても美味そうだ。

「ここはどこだろう?うまいメシでももらえるのかな」

なんて考えているのだろうか。

これから何が起きるのか知る由もない彼の目は無垢そのものだ。

そんな彼の前に立ちはだかったのは、物騒な棒を握りエプロンをまとった人間。

「あ、なんかヤバい…!」

生理的に脅威を察知し、ジタバタと暴れ、必死の抵抗を試みる。

が。時すでに遅し。

「ぱん」

無機質で乾いた圧搾空気の銃声と共に、彼はその場に崩れ落ちた。

すぐさま、クレーンゲームよろしく彼の骸は宙づりで運ばれていく。

さあ次は皮を剥がされ、血液をドバドバ抜かれ、臓物を引っこ抜かれる行程だ。

人間の食卓に並ぶための彼の旅は、まだ始まったばかりだ。。!

豚肉、牛肉、鶏肉、野菜、穀物、魚…

ふだん美味しく食べているこれら有機物質たちは人間の胃に収まる前に一体どういう過程を経ているのか?

今作は食肉加工場、農場、きゅう舎などの仕事現場を冷徹な視点で捉えた映像で、その疑問に答えてくれる。

画面に映るのは、ひたすらフィックスのカメラで生物が殺害され、コンベアに乗せられ、人間が食べるのに都合のいい形状に切り刻まれる光景のみ。

そこに発し手のイデオロギーは差し挟まれず、どう感じ、どう考えるかは全て受け手の主観に委ねられている。

まるでレンガー=パッチュの写真を見ているようだ。

タイトルも「私たちの日々のパン(食べ物)」、英題は『Our Daily Bread』と、主観の混じらないシンプルなもの。

邦題は『いのちの食べ方』という。

「あなたが食べてるお肉や魚は、無垢な生き物たちの犠牲の上に成り立ってるんです!感謝しなさい!」

という固定化した美意識を受け手に刷り込むプロパガンダ的な匂いを若干感じるものの、そこまで押し付けがましくもなく、かつキャッチーで悪くないタイトルだと思う。

スポンサードリンク

今作、自分は純粋に

「牛や豚が解体される現場はこういう様子なのか、なるほどな」

と、食肉産業の社会科見学をしている気分で興味深く観た。

そもそも人間、動物、植物、無機物などの分類は人間が作り出したファンタジーに過ぎず、本来すべてのモノモノに化学的な構造以上の差などない。

さらに言えば「残酷」「かわいそう」などの感情も、ある質、ある程度で分泌された脳内伝達物質が提供するただの幻想だ。

俺は明日からも元気いっぱい焼肉を食うぞ。

理性ではそう思いながらも、植物の収穫の映像では感情が動かず、牛が屠殺されるシーンでは「うっお悲劇…!」などと反射的に感じてしまったあたり、

「自分もまだまだ物質を身勝手な分類で差別しているな」と反省した次第。

ライオンのオスは倒した敵のオスの赤ちゃんを容赦なく噛み殺すし、

チンパンジーに至っては敵の子ザルを引きちぎって食ったりもする。

それは台風や地震と同じ自然の営為で、人間が動物を殺すのも何ら変わらない。

”生命”と勝手に分類している有機物質を「ハラが減った」「美味いもの食いたい」というエゴでミンチにして胃にぶち込む。

ただそれだけだ。良いも悪いも残酷も何もない。

しかし、今作で加工され完全にモノとして扱われる動植物が人間だったらどうだろう?

さすがに目を覆いたくなるかもしれない。

その意味で、今作が作られたのがドイツというのは重要だ。

戦時中ナチスドイツは、フランスは、ハンガリーは。

昨日まで普通に近所づきあいをしていた数百万のユダヤ人(という勝手なカテゴライズと記号化)に何をしたのか。

人間は思考停止すればどんな残虐な行為でもやれてしまう。

目に見えないところで起きている事であれば、知らないふりもできてしまう。

自分も人間。

自覚があるにせよ、ないにせよ、いつ酷薄な行動で他者を傷つけるか分からない。

その前提で暮らしてれば、おのずと謙虚になれるかな。

などと考えている。

少なくともおのが倫理観に酔ったり思い上がったりはすまい。

100人いれば100通りの受け取り方があってほしい映画だ。

Twitterもやっています。

映画/アート/本の話題が多め。

是非フォローしてみて下さい!

フィルミナ:@filminaty666

スポンサードリンク
Pocket

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.